看護師求人の年齢制限

日本の国の法律で、改正雇用対策法というものが2007年10月に施行され、原則としては求人に年齢制限は設けてはいけなくなりました。
でも看護師に限らず、どんな仕事でも◯歳まで、などといった表記はありますよね。
例外と認められているのは年齢制限が必要な理由を明記することなどですが、結局は応募しても採用されないのであれば、形式的な理由をきいたところで実際のところどういう判断になっているのかはわかりません。

ただ看護師に関して言えば、実務経験がとてもモノを言う仕事であるために本当に年齢不問の求人も他の職業に比べてかなり多いのが特徴です。
体力面から45歳くらいまでの求人が多いようにも見えますが、体力や健康、やる気などがあるのは当然大前提として、年齢に関わらず面接で採用が決まるケースが多いのは本当です。
それだけ人員不足ということもあるでしょう。

問題なのは、キャリアを積んだ看護師が転職する場合、新しい職場で若い上司の部下になることもあることです。
実務経験は確かに宝ではありますが、プライドをひけらかしていても人間関係がうまく行かないのは当然ですね。
キャリアがある看護師には、それを活かして若い世代を育成したりフォローしたりする調整能力なども期待される場合があります。
自分自信が不平不満ばかりを言っていてもはじまりませんね。

看護師が転職する場合に理由となるのは、給料を上げたい、仕事にやりがいを感じたい、残業や休日出勤を改善したいという点です。
今のままで給料を上げるのは難しく、しかもやりがいが欲しいから転職するとなると、ある程度の年齢になってから新しいところでステップアップするというのはなかなか難しいことです。
より具体的なキャリアアッププランが必要ですし、それが可能となる施設を探すには慎重になる必要がありますね。

体力が衰えてくる年齢になると、ワイフワークバランスの崩れはかなり人生にこたえます。
自分らしく人間らしく活躍出来る場が見つかるといいですね。

ページトップへ