看護師求人の応募に必要な書類

看護師求人に応募する時に必要となる書類をまとめておきましょう。
特殊な職業なので、通常の応募とは多少変わる点もあります。

履歴書

看護師と言わず必ず必要になるのが履歴書です。
履歴書は日本では市販されている決まったフォームがありますので、それを購入して使用するのが良いでしょう。
パソコンでダウンロードして作成出来る無料のサイトなどもたくさんありますので、自宅にパソコンやプリンタがあるならそちらを使っても良いでしょう。
履歴書は手書きが基本!という一般企業もまだあるかもしれませんが、それは先方次第なので、可能ならエージェントなどに確認しておくと良いかもしれません。

看護師免許

この点が通常の求人応募と少々違う点です。
当然ながら、免許を持たない人を雇用するわけにはいきませんので、必ず提出が必要な大事な書類です。
おそらく書類審査の際にはコピーとなりますが、面接の際には原本の提示を求める病院もありますので、手元に原本があることを確認しておきましょう。
期限が迫っているなら余裕をもって更新手続きをすることです。
発行までには3ヶ月くらいはみておいたほうが良いでしょう。

以上は基本的な必要書類です。
後は病院によって提示を求められるケースがありますので、念のためチェックしておくと良いですね。

・職務履歴書
・成績証明書
・源泉徴収票
・健康診断書

特に美容外科などの求人では、大手の病院で手術に立ち会った経験や病棟での実務経験などをかなり重視して見ることが多く、職務履歴の中でどんな実績があるかを確認される場合があります。
有効な書き方をしておきたいですね。

成績証明書に関しては、相手が国立病院だったり、規模の大きな病院の場合に求められるケースがあります。
看護学校から取り寄せる必要があるので、前もって必要かどうかを問い合わせましょう。

看護師に限らず仕事をする上で健康体である必要はありますが、看護師の病気が患者に感染するような事態を避けるために、特に重視されるケースがあります。
指定の検査がある場合もありますので、内容を問い合わせておきましょう。

ページトップへ